プロに依頼する

名刺は顔であり武器である大切なもの。これによって第一印象が決定し、その印象がこれから先は長く続いていく。こういったことを考えると、慎重に吟味して作成した方が良いと思う方も多いのではないでしょうか。ですから、自分で作るのに自信がない方や、少しでも良い名刺を持ちたいと思う方は、プロに依頼するのがオススメです。プロに依頼することができれば、デザインから印刷までスムーズに行うことができます。また、デザインだけは自分で行い方も、印刷だけを依頼することもできます。また、名刺はどのような用紙を使うかによっても雰囲気が異なってきます。良い素材を使えば、やはり仕上がりも良いものになるでしょう。しかしながら、どのような用紙があるのか、どのような違いがあるのか分からない方もいると思います。そんな時、プロであれば、色々な用紙を持っていますので、選びやすいといった良さもあります。

名刺作成に必要な期間は、業者によってそれぞれ異なりますので、問い合わせてみると良いでしょう。中には、すぐに対応してくれるところもありますので、お急ぎの場合も諦める必要はありません。業者によって特徴がありますので、比較しながら選んでみてください。

縦書きか横書きか

名刺は縦書きと横書きとがあります。どちらにもそれぞれメリットがありますので、よく考えて選んでみてください。現在、多くの方が選んでいるのは横書きで、ほとんどがこれです。その理由は色々あります。一つは、横書きにした方がバランスを崩すことなく比較的多くの情報を記載しやすいことがあります。また、最近はWEBサイトやSNS、メールアドレスなどを持っている方が多い為、記載する時に横書きの方が都合が良いということもあります。しかしながら、やはり最終的には自分の判断ということになります。

また、同じ内容を記載するとしても、文字のサイズやフォントなどによってイメージが変わってきます。これもまた人それぞれの考え方しだいになるのですが、いくつかのポイントはあります。一つは、内容もさることながら見た目の良し悪しも大事。すっきりとした見た目は、そのままその人のイメージとなります。すっきりとした名刺にするために、フォントは一つか多くても二つまでにしましょう。そして、文字はそろえてください。右揃え、中央揃え、或いは左揃えで記載すると、すっきりとまとまりのある名刺になります。フォントは、色々試してしっくりくるものを選んでみると良いでしょう。

何を盛り込むか

名刺の中には、色々な情報を記載することになります。会社名や名前、部署名や役職。住所や電話番号、ファックス番号、メールアドレス、WEBサイトURLなども必要に応じて記載します。またこの他にも、是非記載したいと思うものがあれば、入れてみてください。中には、自己紹介を記載したり、キャッチコピーやイラスト、写真などを入れる方もいます。しかしながら、ここで気を付けるべきこともあります。名刺の中にあまりのもたくさんのものを記載してしまうと、まとまりがなくウルサイ印象になってしまうこともあります。これは、あまり良いイメージとは言えません。確かに知って欲しいことがたくさんあるのは分かるのですが、名刺は顔ですから、あまり盛り込みすぎるとそれそのものがイメージを下げてしまうこともあります。ですから、注意が必要です。

名刺は裏面と表面があるのですから、分けてウルサくないように入れましょう。それでも、やはり記載しすぎはオススメできません。パット見たときに、すっきり感が感じられる方が相手に与える印象は良くなることが少なくありません。また、名刺は顔を覚えてもらうためのものでもありますので、イラストや写真などを入れるのはオススメです。

名刺は大切なアイテム

ビジネスの場で名刺を交換することが多いと思いますが、それについてあまり深く考えていない方も多いようです。自分の名前や会社の名前を相手に伝えることができればそれでよいとか、とりあえず交換できればそれでよいといった考えを持っている方もいますが、これは良いとは言えません。なぜなら、名刺とは良くも悪くもそれを持つ方の印象を左右するほど大切なアイテムだからです。つまり、名刺を良いもの、素敵なものにすることができれば、それがそのままそれを持つ方のイメージアップにつながるというわけです。ですから、もし現在あまりぱっとしない名刺をお持ちでしたら、是非この機会にもう少し真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

名刺に記載している内容をはじめ、文字のサイズ、フォント、用いるカラー、そして用紙の素材や加工、デザイン。このように、あんなに小さな用紙の中に盛り込んだり工夫できることがいっぱいあるのです。これを上手に使うことができれば、もっと多くの人に名前を知ってもらえるかもしれませんし、もっとたくさんの仕事を獲得できるようになるかもしれません。また、もっと印象が良くなるかもしれせんし、何よりもっと自分自身が自信をもって前向きに仕事ができるようになれるかもしれません。

「名刺は顔」です。せっかくなら、素敵な人間のイメージとして覚えてもらいたいと思います。当サイトでは、名刺作成について紹介します。是非、参考にしてみてください。